FlyingPenguin

アート/デザイン/カルチャーを自由にはばたくためのブログ フライングペンギン

Pocketmoringlish

f:id:asaQom:20180203035924j:plain

 

こんにちは。

さっこ(@asaQom)です。

 

おひさしぶりです。華麗に3日坊主。

 

 

 

昨年11月12日に待望のリリースを迎えた、Nintendoのほのぼのゲームで人気を博したあの「どうぶつの森」のスマホアプリ版・どうぶつの森 ポケットキャンプ」

 

みなさんもハマりましたか?ドハマリしちゃった?

 

(わたしはというと、1ヶ月もせずに離脱してしまった。)

 

 

 

飽きちゃった人に、新しい楽しみ方をご紹介。

 

 

どうぶつの森で、英語の勉強

カジュアルな口語英語は、友達との会話や映画や歌詞を通して勉強できるけれど、

スピード感だったり話の盛り上がりポイントだったりがあり、いちいち意味を確認したりする手間やタイミングを自分流に確保しづらいのが最大の難関。

 

 

 

ふとした時に何気なくどうぶつの森の設定を英語設定にしてみたわたし。

 

 

これは・・・

 

 

  1. 友だち同士で使うような言葉を知れる
  2. 自分のタイミングで会話を進められる
  3. 日本語設定に戻してすぐ照らし合わせができる

 

どう森で英語の勉強できる・・・!!!」

自分のタイミングで、自由にスラング習得するにはぴったりだ。

 

例えばこれ

f:id:asaQom:20180203013358p:plain

 

Butch(日本語名:ジョン)に話しかけると、何やらものすごく高らかに笑われた。

服装がダサいからか?

 

気になったのは "go-getter"

スゴ腕、敏腕、というような意味

 

「夜行性の昆虫捕まえにきたのか?オマエ、やり手だもんなぁ、ノン!ガハハ!」

ってことだろうか

 

あとはこれ

f:id:asaQom:20180203013215p:plain

 

チョウチンアンコウってfootball fishっていうんだ・・・

 

知らない単語がいっぱい出てきてたのしい

 

 

 

どうぶつたちの語尾に特徴があるのも、どう森の特徴。

 

Chrissy(日本語名:クリスチーヌ)は「〜リララ」が語尾の、キラキラアタイ女子タイプ。

 

f:id:asaQom:20180203014441p:plain

 

ゲスい顔してやがる。かわいい。

「あっ!何か新しいゴシップネタがあるのー?リララ?」

 

英語版は「リララ?」→「sparkles?」

sparkleは輝き、きらめき。

すごい口癖や・・・。

 

 

どうぶつたちは同じようなセリフを繰り返してくるので、

きになるフレーズの入ったスクショを撮って→日本語設定に切り替え→もういちど 同じセリフが聞けるまで話しかける

 

日本語との比較で分からなかった単語や、ニュアンスを掴める。

 

 

 

「もう飽きたよ」というあなた、もう一回ポケキャン開いて勉強してみよう。

Pythonを学んでみた①

f:id:asaQom:20171224212353j:plain

 

こんにちは。

さっこ(@asaQom)です

 

Pythonの勉強はじめる投稿から何も報告できておらず・・・

数日前にやっとこさすこしずつ始められた。

恐るべし年末進行。

 

まずはものぐさなわたしなので、

自分で独学、というよりカリキュラムで教えてもらえるほうがいいなーということで、

オンライン学習を活用することに。

 

候補をいくつか挙げてみる。

 

 

Codeacademy

テキストベースで課題をひとつずつこなしていく。

お手本にそってコード書いてみよう、このコードを活用して目標の値を出してみよう、といった問題。

画面一面が3分割されていて、左から問題・スクリプト(コード書くところ)・プレビューになっていて自分が取り組んでいる内容がわかりやすい。

※英語のみ

 

Codeschool

わたしが今メインで使っているのがこれ。

こちらもCodeacademyと同じく画面上で課題をクリアしていくだが、より問題形式のバリエーションが豊富。

章の冒頭に概要紹介の動画→選択形式の問題→実入力問題

概要紹介の問題があることで、より使い方が想像しやすくなる。

※英語のみ

 

Udemy

もうすこしレベルアップしたら使おうかと考えているサービス。

AIを生成できるPython講座があって、とりあえずそれを購入。

不定期でセールしていて、1800円とか1200円といった破格の金額で1コース受けられたりするので、登録だけしておいてメルマガなどで要チェック。

日本語の講座もあるよ。

 

これらを使って、基礎は年明け1月には完了させたいという思い。

といった感じで年末進行中。

 

次回はできたものを何かお見せできればいいなと思っている。

 

 

お楽しみに!

 

I'm 🐧 - Self introduction in English

Introduce of myself

 This is an article about who I am.

 

asaco, Monica, sacco-tan, DJ MorningKid is...

続きを読む

文系人間のプログラミングの勉強を始める宣誓ときっかけ

f:id:asaQom:20171106032519j:plain

こんにちは。

さっこ(@asaQom)です。

 

しばらくぶりの投稿!

 

なんだかんだで時間が過ぎてしまっていた。

楽しそうだからと仕事を追加して寝ぼけまなこで凡ミスをしでかしたり、

そんな生活の質を上げるために仕事をおして1時間料理をしてみたり、

睡魔を監視するためにカフェ通いをしたり、

かと思えば節約をするために自転車で秋風を切りながら少し遠くのスーパーに行ったり。

こと時間の使いみちにおいて、自分はほんとうに不器用で、

どれかを諦めたらいいのに、はたまた文明開化があと2回くらい起こり生活インフラがamazonに集約されればいいのに、と気怠く思う日々なのだ。

1年、1日、1時間という区切りはこんな横着なわたしにとって良い促進剤だ。もたもたと上がらないお尻を叩いてくれる。今年使える時間は、あと56日とのことだ。

 

インターネットに育てられた私。

きゅんくん(@kyun_kun)を見つけたり、真鍋さん(@daitomanabe)のライゾマでの仕事を知ったりするたび、

グラフィックだけじゃなくってプログラミングで表現できる世界に興味を持っている。

 

以前、京都dddでライゾマが「グラフィックデザインの死角」展を行っていた時、ギャラリートークもとい講演のような会に参加した。

単純にグラフィックとしてもカラーやモーション、部屋いっぱいにモニターを使った展示が美しく、見入ってしまったが、ギャラリートークでその裏側を知ってからというもの、思い出すたびにうずうずとしてしまう。

 

展示の概要は数名の著名デザイナーのありとあらゆる作品を集め、データ化し、その中から使用されている色数値を抽出。

数値を見るだけでも各デザイナーの癖や時期による傾向も分かるのだが、最も惹かれたのは"これまでの作品で全く使われなかった色(≒死角)を使って、その人のフライヤーをリデザインする"、という展示だった。

 

私「これは…やりてぇ…」

 

それから半年後、

3ヶ月前から参加していたwasabiサロン(海外フリーランスに関する情報交換や交流が盛ん!)にて、プログラミングを習得することで海外でも獲得できる仕事が増えるということを知った私は、ついに手を出した。

 

 

最終的に目論んでいることは、いまはまだ秘密。

とりあえずこれから1ヶ月間、ここですこしずつご報告を!

 

しかしながら、不安要素も山積みある。

いかんせん数字がアレルギーを疑うほど大の苦手。(割り勘問答になるとスリープモードに入る)

独学で、仕事で活用できるレベルまで到達するかは不明

 

うーん、とにかく2017年の残りの時間の使いみちとして、Give it a try🙌🏼

Chiptune Girl・TORIENAのメジャーデビュー曲"MELANCOZMO"で世界を舞い上がらせたい - translated lyrics

f:id:asaQom:20171008015344j:plain

 

 

こんにちは、

さっこ(@asaQom)です。

 

 しばらく更新できていませんでした。

 

 今日は音楽の話。

 わたしは音楽が好きで、クラブが好きだ。

 そもそもわたしがキラキラした芸術が好きなのは、そこには作り手の願望がすごくきれいに包まれているから。

特にクラブは、みんなそうやって包み隠されているのを分かりながら騙されに来ていて

アーティストと一緒にこの秘密空間みたいな場所だけで爆発する瞬間が楽しい。

そうして出会った人とは、わたしにとってまるで秘密結社の仲間のような間柄なのだ。 

 

続きを読む

日本の英語教育は失敗していなかった。ただ、"選ばれて"いなかった。オランダ教育 調査レポート

f:id:asaQom:20170912215859j:plain

こんにちは。

さっこ(@asaqom)です。

 

夏、終わらないで…とうかこの夏休み感、終わらないで…とここ最近は毎週末切ない気持ちでいっぱいになる。胸が張り裂けそう。でも暑いのは嫌い。

 

現実逃避のために海外感や非日常感を少しでも滲み出したくて、海外で買ったCDをかけてみたり、コーヒーを淹れてみたり、知らない遠くのパン屋に行ったり…よく自分の五感を騙くらかしにかかっている。

 

 田舎娘で、周りの環境は見渡せる範囲内だった私が、異文化を見つけて好きなものごとを増やすようになったのは、学校で英語というツールを教わったおかげだった。その便利な英語を広めたくて大学では中高英語教員免許を取り、仕事では英語教育に注力している学校機関の広告にも携わるようになった。

 日本企業や学校は他言語を扱える人をグローバル人材、国際人、など色々な表現で欲しがり、育てようとしている。わたしはいつでも、この表現を使いながらも違和感を感じてしまうのだ。

──多言語を読み書きできば、それでもう完成されてしまうんだろうか?

続きを読む

ノマド的に京都市内のWi-Fiカフェ8つ選んでみた

f:id:asaQom:20170904025739j:plain

こんにちは。

さっこ(@asaQom)です。

 

わたしはノマドワーカーでもフリーランスでもなく、会社で飼育されたおとなしい(?)OLなのですが、ノマド的にFree Wi-Fiを求めて街中のカフェをさまようこともしばしば…。

そこで、ネットで事前に調べて行くこともあるのですがなかなか情報が出てこずに、ウロウロすることもあります。

今回はわたしが利用しているカフェなどの中から、8つを選んでご紹介したいと思います。

 *1

 

目次

  1. (二条)CAFE COLORADO
  2. (二条)CLAMP COFFEE SARASA
  3. (七条)京都ポルタ「よりみちスクエア」
  4. (四条烏丸)進々堂ラクエ四条烏丸店
  5. (烏丸御池)!-FOODS(エクスクラメーションフーズ)
  6. (河原町)TULLY'S COFFEE 河原町OPA店(河原町OPAのB1F)
  7. (出町柳)さるぅ屋cafe
  8. (出町柳)boogaloo cafe

*1:上記すべての店舗情報は2017年9月現在の情報です。変更の可能性がありますのでご注意ください。

続きを読む